主要エントリリスト(「慰安婦問題は朝日の捏造!」説関連)

捏造された「朝日新聞の捏造」?
偽の論点による偽の反論(の・ようなもの)
池田信夫の捏造
「朝日新聞の捏造」論について
朝日新聞の「慰安婦」報道の実態
1992年1月の「慰安婦」問題報道・3紙比較
恐るべき朝日新聞の洗脳力
「池田信夫の捏造」完全版(エントリ中でリンクをはってある記事についても)
読売新聞の「慰安婦=女子挺身隊」説
「河野談話」をめぐる初期報道について補足と訂正
92年当時のアメリカメディアの反応
分の「仮説」にあわせて事実をねじ曲げてるのはどっち?
上告もせずに終わっていた「朝日新聞を糺す国民会議」訴訟
安倍政権は朝日新聞の三連勝についてコメントすべき立場
麻生財務大臣の発言から考える「「慰安婦」問題=朝日の捏造」説

主要エントリリスト(その他)。


「バターン死の行進」問題まとめ――「ネタ」のシニシズムについて
過去2週間の話題を巡って(12日追記)
「痛切さ」を欠く「仕方なかった」言説
『アウシュヴィッツの<回教徒>』
戦争犯罪についての開き直り/シニシズム
刑事事件の証拠評価と歴史学の証拠評価
刑事犯罪に対する態度と戦争犯罪に対する態度の非対称性
「われわれ/彼ら」図式の多様性
感情の政治学
「殺人学」のシニシズム
「政治」からの逃避
道徳感情の複合性
東京裁判弁護団の反論にみる本質主義
「説明」と責任
「洗脳」について


「ごぼうを捕虜に食べさせて有罪になったB級戦犯」は都市伝説?
関連エントリ:
http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20060901/p2
http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20060907/p1
http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20071227/p1
旧軍が抱えた根本的矛盾
ニュルンベルク・東京からバグダッドへの道
慰安婦・慰安所に関してオンラインで閲覧できる一次史料(追記あり)
相殺の論理と普遍性の論理
「虐殺」の定義
「「妖怪」がわかれば「昭和」もわかる」(対談)
ポスト『南京戦史』時代の否定論プロパガンダ
「『慰安婦問題』問題」とは何だったのか(その1?)
92年1月11日の朝日新聞の報道とは…
『人間の暗闇』
否定論の「性暴力」観
沖縄戦「集団自決」に関する教科書検定をめぐって
パフォーマティヴな否定論
続・教科書調査官の証言
「歴史主体」論争をふりかえって
分断を拒否すること
「軍命令」をめぐって
ホロコーストの一断面
戦場のミソジニー
「白燐弾」をめぐって問題にすべきことは何か
「三光作戦」の犠牲者数

主要エントリリスト(南京事件関連)


固有名詞としての「南京大虐殺」
南京からベイルートへの道
南京事件否定論の背景と日本政府の不作為
「南京事件はマボロシだ」ということを証明せよ、という要求は「悪魔の証明」の要求ではない
南京事件否定論と本質主義
14万人と7万人、30万人と…
「命令」という観点からみた南京事件
「きい」弾を装備していた上海派遣軍
「民主的統制」としての「戦争犯罪追求」、あるいは一文にもならない南京事件否定論
第十軍法務部陣中日誌から推定する、中支那方面軍の「犯罪率」
板倉由明が「適性派(ママ)」じゃまずいでしょう、山本さん
日本人が「虐殺」なんてするはずない、だって?
映画『南京の真実』スタッフブログより
「差分」事件に関連する一連のエントリ
「上限」の問題
ちなみに…
「ありえない」論法と否定論存続の背景
否定論のインチキのサンプル
「悔恨」はどのように表現されるのか
ポモ系リベラルは気楽な稼業と来たもんだ〜♪
「南京問題小委員会の調査検証の総括」批判のために(1)
南京事件否定論の論法を天安門事件に応用すると……
確実なこと
南京事件と相対的剥奪
罪責感をめぐって補足
よくある言いがかりについて
よくある言いがかりについて―その2
「合法/不法」論を超えて

主要エントリリスト(日本軍「慰安婦」問題関連)


「河野談話」について知っておくべきたった六つのこと(三分で読めるよ!)
台湾における「慰安婦」の強制連行
無責任きわまりない「河野談話撤回」論者たち
「完全否定」なんてブチあげていいの?
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その2
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その3
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その5
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その6(追記あり)
『「村山・河野談話」見直しの錯誤』ほか
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その7
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その8
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その9
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その10
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その11
16年前から明らかになっていた資料がいまさら問題にされる事態の情けなさについて
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その12
慰安所従業員の日記、発掘
橋下市長、「旧日本兵慰安婦問題」を捏造
強制連行の証拠は(探さ/公表させ)なかった!(追記あり・タイトル変更)
「寝た子を……」は差別主義者の定番の拠り所、そして秦郁彦の嘘
マスメディアがほとんどとりあげない安倍内閣の窮状答弁と称する事実上の逃避URL更新
日中戦争勃発直前の「廃娼運動」状況
「河野談話さえ葬り去れば大勝利」脳の恐怖
カミングアウトした元「慰安婦」の未成年率
右派は恨む相手を間違えている補足
「問われる戦後補償」(93年11月)
無理解の極北
河野談話の作成過程を検証するんじゃなかったの?
「慰安所」関連資料の隠滅について
自分の「仮説」にあわせて事実をねじ曲げてるのはどっち?
「慰安婦」問題否認論者に欠けているのは「自由意志」についての常識的な洞察
魂を自ら鎖で繋いだ人間には、鎖で繋がれていない程度のことが「自由」に思えるのだろう
永井先生の論文をちゃっかり「お役に立て」ていた読売新聞
「一種の徒弟修行」という詭弁について
元「慰安婦」の証言を否認しなかった警察
右派の「無能な味方」コレクション
これが21世紀の「進歩的文化人」(by 西尾幹二)だっ!
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その13
教科書に虚偽の記述を加えさせる教科書検定
「強制されたというなら兵隊さんも同じ」論の誤り

アウシュヴィッツ解放75周年、またひとつ埋まった“外堀”

2月27日はアウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所がソ連軍によって解放されてから75年目の日に当たり、記念式典が行われています。

-BBC NEWS JAPAN 2020年01月28日 「アウシュヴィッツ解放75年、各国首脳が式典出席 反ユダヤ主義への対抗呼びかけ

これに先立ち、オランダの首相がホロコーストに関して「十分に保護せず、助けず、認識しなかった」ことを謝罪しています。

-BBC NEWS JAPAN 2020年01月27日 「オランダ首相、ナチス虐殺で初めて謝罪 ユダヤ人保護せず

個人としての積極的協力者は別として、国家としてのオランダはホロコーストを積極的に立案・推進したわけではなく、ドイツに占領されている状況下でホロコースト政策に抵抗しなかった責任を問われていたわけです。人道に対する犯罪の進行を看過したことが「謝罪するようなことはしていない」とみなされない。これが2020年以降のスタンダードとなってゆくでしょう。

日本の右派は世界中から「謝罪していない」事例を探し出しては謝罪しない理由にしてきましたが、その材料が一つ減ったことになります。

12月の戦争関連番組(その2)

続いて実際に見た番組について。

-読売テレビ 2019年12月8日(日) 25:05 NNN ドキュメント '19「つぐない BC級戦犯の遺言」

今年は日本軍の加害をテーマにした番組がほとんどありませんでしたが、この番組もまたBC級戦犯の“受難”、特に死刑になった戦犯とアメリカの方針転換により減刑された戦犯との対照的な運命が主題となっていました。殺された捕虜や裁いた側の視点からBC級戦犯裁判をとりあげた番組って、ほんとうにつくられませんね。

さて命拾いした戦犯の例としてとりあげられていたのが、西部軍事件の冬至大尉です(写真は番組に登場した遺族)。

f:id:Apeman:20191231123723j:plain

西部軍事件は『法廷の星条旗』でも検討の対象とされていましたが、同書を出した横浜弁護士会BC級戦犯横浜裁判調査研究特別委員会の委員長だった間部弁護士も同事件の死刑判決の減刑についてコメントしていました。

f:id:Apeman:20191231124323j:plain

 

-読売テレビ 2019年12月8日(日) 25:05 NNN ドキュメント '19「バヤルタイ〜モンゴル抑留72年越しのさようなら〜」

シベリア抑留に比べてはるかに知られることの少ないモンゴル抑留の生存者に取材したという点で興味深いものでしたが、最近『週刊ポスト』に掲載された記事をめぐる騒動との関連でなかなか興味深いシーンがありました。

元徴用工の「日本人にはとても親切にされた思い出があります」といった“証言”をウリにしたこの記事について、韓国の MBC テレビが「証言を歪曲している」と批判する番組を放送した、というのです。

徴用工問題に関して『週刊ポスト』が信頼に耐える記事を掲載するかどうか大いに疑問ではありますが、いまは MBC の批判の当否については保留しておきます。ここでは、社会主義政権崩壊後に「マンホール・チルドレン」が急増したモンゴルで一時期孤児院を運営していた元抑留者の証言をとりあげたいと思います。

f:id:Apeman:20191231120951j:plain

f:id:Apeman:20191231121040j:plain

f:id:Apeman:20191231121104j:plain

抑留の被害者(この男性は抑留中に両足を失っています)がなぜモンゴルで孤児の支援を? と問われたのに対して答えている場面ですが、1枚目の証言と3枚目の証言を抜き出せば、まるで逆のことを言っているように思えます。

この元抑留者にしても元徴用工の男性にしても、非常に複雑な思いを胸に秘めているであろうことは想像に難くありません。しかしふつうの人間はマスメディアの取材をうけることなどなく人生をすごすわけで、そうした複雑な思いをカメラの前で理路整然としゃべる訓練など受けていないわけです。聞き手がどのような質問をするかによっても話し方は変わってくるでしょう。“証言の矛盾”なるものの多くはこれと同じようなケースなのではないでしょうか。

恨みは恨みとして、圧倒的な貧困を自分の目で見てしまった以上なにかをせずにはいられない……というのは、誰にでもできることではない一方で、そう特殊な心理というわけでもないでしょう。この男性は河村たかしのような“恩を仇で返す”論法に対するなによりの反証になっているということができます。

-NHK Eテレ 2019年12月14日(土) 午後11:00~ ETV特集「ある特攻隊員の死~祖母とたどる兄の最期~」

“兄は8月15日に特攻死した”と母から聞かされていた祖母。孫にあたるNHKのディレクターが大叔父の取材をはじめる……。また“特攻隊員の悲劇もの”ですか、という気持ちで見始めたのですが、実は大叔父は1945年の4月、菊水作戦開始の初日に出撃して戦死していたという事実が明らかになります。4月6日と戦死日が記載された戦死公報も実家から発見(ただし戦死公報が届いたのは46年3月)。祖母の母はすでに故人であるので、なぜよりにもよって“終戦後に出撃して戦死した”という物語を娘に話したのかは謎のままおわるのですが、戦没者遺族が家族の死をどう受容したのかについて、考えさせられる内容でした。