主要エントリリスト(「慰安婦問題は朝日の捏造!」説関連)

捏造された「朝日新聞の捏造」?
偽の論点による偽の反論(の・ようなもの)
池田信夫の捏造
「朝日新聞の捏造」論について
朝日新聞の「慰安婦」報道の実態
1992年1月の「慰安婦」問題報道・3紙比較
恐るべき朝日新聞の洗脳力
「池田信夫の捏造」完全版(エントリ中でリンクをはってある記事についても)
読売新聞の「慰安婦=女子挺身隊」説
「河野談話」をめぐる初期報道について補足と訂正
92年当時のアメリカメディアの反応
分の「仮説」にあわせて事実をねじ曲げてるのはどっち?
上告もせずに終わっていた「朝日新聞を糺す国民会議」訴訟
安倍政権は朝日新聞の三連勝についてコメントすべき立場
麻生財務大臣の発言から考える「「慰安婦」問題=朝日の捏造」説

主要エントリリスト(その他)。


「バターン死の行進」問題まとめ――「ネタ」のシニシズムについて
過去2週間の話題を巡って(12日追記)
「痛切さ」を欠く「仕方なかった」言説
『アウシュヴィッツの<回教徒>』
戦争犯罪についての開き直り/シニシズム
刑事事件の証拠評価と歴史学の証拠評価
刑事犯罪に対する態度と戦争犯罪に対する態度の非対称性
「われわれ/彼ら」図式の多様性
感情の政治学
「殺人学」のシニシズム
「政治」からの逃避
道徳感情の複合性
東京裁判弁護団の反論にみる本質主義
「説明」と責任
「洗脳」について


「ごぼうを捕虜に食べさせて有罪になったB級戦犯」は都市伝説?
関連エントリ:
http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20060901/p2
http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20060907/p1
http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20071227/p1
旧軍が抱えた根本的矛盾
ニュルンベルク・東京からバグダッドへの道
慰安婦・慰安所に関してオンラインで閲覧できる一次史料(追記あり)
相殺の論理と普遍性の論理
「虐殺」の定義
「「妖怪」がわかれば「昭和」もわかる」(対談)
ポスト『南京戦史』時代の否定論プロパガンダ
「『慰安婦問題』問題」とは何だったのか(その1?)
92年1月11日の朝日新聞の報道とは…
『人間の暗闇』
否定論の「性暴力」観
沖縄戦「集団自決」に関する教科書検定をめぐって
パフォーマティヴな否定論
続・教科書調査官の証言
「歴史主体」論争をふりかえって
分断を拒否すること
「軍命令」をめぐって
ホロコーストの一断面
戦場のミソジニー
「白燐弾」をめぐって問題にすべきことは何か
「三光作戦」の犠牲者数

主要エントリリスト(南京事件関連)


固有名詞としての「南京大虐殺」
南京からベイルートへの道
南京事件否定論の背景と日本政府の不作為
「南京事件はマボロシだ」ということを証明せよ、という要求は「悪魔の証明」の要求ではない
南京事件否定論と本質主義
14万人と7万人、30万人と…
「命令」という観点からみた南京事件
「きい」弾を装備していた上海派遣軍
「民主的統制」としての「戦争犯罪追求」、あるいは一文にもならない南京事件否定論
第十軍法務部陣中日誌から推定する、中支那方面軍の「犯罪率」
板倉由明が「適性派(ママ)」じゃまずいでしょう、山本さん
日本人が「虐殺」なんてするはずない、だって?
映画『南京の真実』スタッフブログより
「差分」事件に関連する一連のエントリ
「上限」の問題
ちなみに…
「ありえない」論法と否定論存続の背景
否定論のインチキのサンプル
「悔恨」はどのように表現されるのか
ポモ系リベラルは気楽な稼業と来たもんだ〜♪
「南京問題小委員会の調査検証の総括」批判のために(1)
南京事件否定論の論法を天安門事件に応用すると……
確実なこと
南京事件と相対的剥奪
罪責感をめぐって補足
よくある言いがかりについて
よくある言いがかりについて―その2
「合法/不法」論を超えて

主要エントリリスト(日本軍「慰安婦」問題関連)


「河野談話」について知っておくべきたった六つのこと(三分で読めるよ!)
台湾における「慰安婦」の強制連行
無責任きわまりない「河野談話撤回」論者たち
「完全否定」なんてブチあげていいの?
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その2
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その3
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その5
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その6(追記あり)
『「村山・河野談話」見直しの錯誤』ほか
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その7
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その8
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その9
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その10
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その11
16年前から明らかになっていた資料がいまさら問題にされる事態の情けなさについて
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その12
慰安所従業員の日記、発掘
橋下市長、「旧日本兵慰安婦問題」を捏造
強制連行の証拠は(探さ/公表させ)なかった!(追記あり・タイトル変更)
「寝た子を……」は差別主義者の定番の拠り所、そして秦郁彦の嘘
マスメディアがほとんどとりあげない安倍内閣の窮状答弁と称する事実上の逃避URL更新
日中戦争勃発直前の「廃娼運動」状況
「河野談話さえ葬り去れば大勝利」脳の恐怖
カミングアウトした元「慰安婦」の未成年率
右派は恨む相手を間違えている補足
「問われる戦後補償」(93年11月)
無理解の極北
河野談話の作成過程を検証するんじゃなかったの?
「慰安所」関連資料の隠滅について
自分の「仮説」にあわせて事実をねじ曲げてるのはどっち?
「慰安婦」問題否認論者に欠けているのは「自由意志」についての常識的な洞察
魂を自ら鎖で繋いだ人間には、鎖で繋がれていない程度のことが「自由」に思えるのだろう
永井先生の論文をちゃっかり「お役に立て」ていた読売新聞
「一種の徒弟修行」という詭弁について
元「慰安婦」の証言を否認しなかった警察
右派の「無能な味方」コレクション
これが21世紀の「進歩的文化人」(by 西尾幹二)だっ!
「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その13
教科書に虚偽の記述を加えさせる教科書検定
「強制されたというなら兵隊さんも同じ」論の誤り

本物のアホなのか安っぽいインチキ野郎なのか、判断に迷うケース

主要エントリリストを記した記事のコメント欄に興味深いコメントをカーツウェルさんから頂戴したのですが、議論には不向きな場所だったのでこちらに転載させていただいたうえでお答えしたいと思います。

従軍慰安婦の待遇のうち、外出の自由について、以下のように言われたんです。こちらで探しても外出の自由を制限するのは見つかるがそうでないのが見つからずです。
何か心当たりがあれば助力をお願いしたいのですが、対応は可能でしょうか。

先方は従軍慰安婦資料集成を根拠に
しているそうです。

常州、マニラ、イロイロには外出を許可制とする規程があるがマステバ、遠山隊、中山隊、石兵団、スチュアード等過半数の部隊には外出を制限する規定はないので「慰安婦に外出の自由がない」は間違い、もしくは印象操作

 元のツイートはこちらですね。

https://twitter.com/MituzoJ/status/1171989571661225985

そもそもそんな事実があれば秦郁彦が持ち出さないはずがないのであって、調べるまでもなく胡散臭いですよね。さらにすべての軍「慰安所」について営業規定が見つかっているわけではない以上、「過半数の部隊」というのはまったく無意味な主張です。

とはいえそれで片付ければ向こうが勝利宣言するに決まってます。文書名にきちんと言及されていないので100%確実とは言えないかもしれませんが、『政府調査 「従軍慰安婦」関係資料集成』に収録されたものだとすれば、このネトウヨが言っているのはおそらく以下の資料です。いずれも第3巻に収められているものです。

「マステバ」=「軍人倶楽部規定[マスバテ島警備隊長]」(第3巻60番)

「遠山隊」=「外出及軍人倶楽部ニ関スル規定[直兵団遠山隊]」(3巻82番)

「中山隊」=「軍人倶楽部利用規定[中山警備隊]」(第3巻89番)

「石兵団」=「石兵団会報」(3巻91番)

「スチュアード」=「海軍慰安所利用内規[第12特別根拠地隊司令部]」(3巻106番)

最後のものなどは「利用内規」という文書名だけからもわかることですが、これらはいずれも日本軍将兵に対して、「慰安所」の利用方法を示した文書です(「石兵団会報」にはそれ以外の内容も含まれる)。「外出及軍人倶楽部ニ関スル規定」の「外出」というのも日本軍将兵の外出を指しています。だからこれらの文書はそもそも軍「慰安婦」に適用されるものではなく、「慰安婦」の外出を制限する条項が含まれていないのはあたりまえです。

当該文書さえ探し当ててしまえば「石兵団会報」以外は大した量の文書でもないですからすぐバレる話で、インチキにしてはずいぶんと安易です。かといってざっと見るだけでも日本軍将兵を対象とする規定であることがわかる文書を誤読するというのも底抜けのマヌケさですし……

 

「敗北」も正しく認識できない池田信夫

まあ池田信夫になにかを期待する方がアホですが。こんな駄文を書いております。

-アゴラ 2019年08月18日 「日本はなぜ慰安婦問題で韓国に敗北したのか

「なぜ」って日本に勝ち目があると思ってたのかよとか、そもそも勝ち負けじゃないだろとか、基本的な発想が間違ってますが、ディテールも相変わらずでたらめです。

2000年代後半に話題になったのは、強制連行ではなく性奴隷だった。これが1996年に国連人権委員会のクマラスワミ報告で使われたときは、軍が慰安婦を強制連行したという意味だったが、その唯一の根拠だった吉田清治の話が嘘とわかって意味が曖昧になった。

 なんですかこの珍説は! 人間の奴隷化を禁止する国際条約は逐次更新されて現在に至っていますが、いわゆる「ホワイト・スレーヴ」すなわちヨーロッパ系女性の性奴隷化を禁止するものであれば1904年、奴隷禁止条約の方は1926年に締結されています。

次はもっとすごいですよ。

NYタイムズの記者によれば、彼らは性奴隷を人身売買の意味で使っているという。この意味での(民間の業者の)性奴隷は、戦時中の朝鮮にも内地にもたくさんいた。それは親の借金を返すために娘が身売りする「借金奴隷」だった。

それを強制と呼ぶなら、当時は世界中で強制が行われていたが、その法的責任を日本政府に問うことはできない。女性だろうと男性だろうと、日本が奴隷を公認したことは一度もないからだ。日本では人身売買は戦前も違法だったので、奴隷制は存在しない。奴隷制憲法で公認したアメリカとは違うのだ。

 性奴隷はいた、しかし違法だったから奴隷制は存在しない、というわけです。しかし「人身売買は戦前も違法」というのは「建前」というよりフィクションに近かったことは当ブログの読者の方ならご存知でしょう。さらに池田信夫は日本軍がつくった「慰安所」関連の規定などまともに調べたこともないので墓穴をほってしまっています。公娼制奴隷制ではないと言い張るための白々しいフィクションすら、日本軍「慰安所」は反故にしていたという事実です。

ともあれ池田信夫は、前借金による拘束で“売春”を強要することが「性奴隷」化であることは認めたわけです。日本軍「慰安所」制度がまさにそういう制度だったことをこいつが認める日はやってくるのでしょうか……。