南京事件

主要エントリリスト(南京事件関連)

固有名詞としての「南京大虐殺」 南京からベイルートへの道 南京事件否定論の背景と日本政府の不作為 「南京事件はマボロシだ」ということを証明せよ、という要求は「悪魔の証明」の要求ではない 南京事件否定論と本質主義 14万人と7万人、30万人と… 「命令…

「したとされる」はいつごろから?

7月7日、9月18日がそうであったように12月13日もまた「現地で追悼式典」云々という報道に終始した日本のマスメディア。『朝日新聞』なんかは14日朝刊にこんな記事を載せただけです。 さて、少なからぬ方が13日にSNSで批判的に指摘されていたのが、日本メディ…

「特集ワイド 「NNNドキュメント」清水潔さんが検証 南京事件「否定論」なぜ」

毎日新聞 2018年6月1日 東京夕刊 「特集ワイド 「NNNドキュメント」清水潔さんが検証 南京事件「否定論」なぜ」 NNNドキュメントの「南京事件2 歴史修正を検証せよ」が放送されたのをうけた毎日新聞の特集記事。ちょっと見過ごせない箇所があるのでコメ…

松尾一郎「『「南京事件」を調査せよ』絶版のすすめ」

松尾一郎、「『「南京事件」を調査せよ』絶版のすすめ でたらめ「日テレ」ドキュメンタリー」、『歴史通』、2017年4月号 「松尾一郎」という人物をご存知でしょうか? 南京事件の“証拠写真”についての検証結果を東中野修道らにパクられた……と主張している人…

NNNドキュメント'18「南京事件II」

2018年5月13日(日) 24:55〜 日本テレビ系列 NNNドキュメント'18「南京事件II」 シンプルすぎるタイトル予告から判断するに、前回と同様放送直前に実際のタイトルが公表されるのかもしれません。内容案内から判断すると、財務省などで露呈したずさんな(と…

横山エンタツ、南京訪問時の日記発見

もう一月ほど前のニュースですが、「わらわし隊」の一員として1938年の1月に南京を訪問した漫才師、横山エンタツの日記の写しが発見されたことを『朝日新聞』が報じました(1月19日朝刊)。1月23日に南京に到着していますので、まだ埋葬の終わっていない遺体…

現在の知識を過去に持ち込む否定論

南京事件否定論者が敗残兵の殺害を正当化する際に持ち出す論拠に、「見逃せばまた戦線に復帰してくるから」というものがあります。南京攻略戦が国際法的には戦争でもなく、かつ「居留法人保護」等の名目で正当化できる余地のある軍事行動でもない、ひたすら…

「通説」を語る資格

もっぱら「パン屋→和菓子屋」が話題となっている高校教科書の検定結果ですが、もはや驚くまでもないこととして南京事件の犠牲者数に関する記述が後退させられています。朝日新聞の報道によれば、文科省教科書課は「20万人以上は学問的通説ではないなど問題…

『南京の真実』第三部「支那事変と中国共産党」、完成(?)披露試写会

去る1月30日に予告されていた映画『南京の真実』の第3部の完成披露試写会の報告が、チャンネル桜の1月31日付【Front Japan 桜】で行われています(4分25秒あたりから)。試写前の監督挨拶でいきなりのお詫びが。ブルーレイディスクの作成過程にミスがあり映…

産経新聞今昔物語

南京事件否定論者が最後に逃げ込むのが「しかしとにかく30万じゃない」という主張です。ではこの点について、「新しい歴史教科書をつくる会」が結成されるなど歴史修正主義運動が盛んになる1990年代後半より前の『産経新聞』にはどのような記事が掲載されて…

あれ? 「南京の真実」続編は?

既報の通り、チャンネル桜の水島社長は昨年中に映画「南京の真実」を完成させると宣言していたのですが、映画の公式サイトにもチャンネル桜の公式サイトにも完成を知らせるアナウンスはありません。年末年始の【直言極言】でも完全にスルーしています。 http…

映画『南京の真実』シリーズ、いまだ何の告知もなし

先日お知らせしました通り、『正論』の連載「映画「南京の真実」製作日誌」最終回(11月1日発売の12月号掲載)において、水島総氏は「映画「南京の真実」の続編は、本年十二月までに完成し、来年初頭より全国で公開を行う予定となった」と宣言しています。そ…

「印象」はダメだが「ありそうな話」ならオーケーという『産経新聞』

NNNドキュメントの「南京事件 兵士たちの遺言」にケチをつけようとして日テレに一蹴された『産経新聞』が再び挑む! 「南京事件」番組、日テレは本紙検証に抗議も、賞の選奨委ですら「虐殺写真」と認識 なんともいじましい記事です。選考委員会のやることな…

水島社長の『正論』連載がついに終了!

毎月月末から月初めは月刊ウヨ論壇誌の発売日ということで、近所の書店で立ち読みチェックをするという羞恥プレイをしてきたのですが、『正論』の目次を開くと驚愕の事実が! (画像は『正論』公式サイトのスクショより。なおこのリンクから16年12月号の目次…

産経新聞、「南京事件 兵士たちの遺言」に挑む

産経ニュース 2016.10.19 【歴史戦】「虐殺」写真に裏付けなし 同士討ちの可能性は触れず 日テレ系番組「南京事件」検証 お得意の「写真」攻撃が記事の中心です。しかし番組でのその写真の扱いは、小野賢二さんの調査によって実態が明らかになった虐殺とは別…

【誤報】「南京事件 兵士たちの遺言」再放送【誤報】

地上波ではなくBS日テレで、ですが。8月21日午前11時より NNNドキュメント15' の「南京事件 兵士たちの遺言」が再放送されます。←誤報でした。申し訳ございません。ただし、こちらは本当です。→また番組スタッフの一人清水潔さんの著書『南京事件を調査せよ…

史実究明の貢献者、「百人斬り」を語る

産経ニュース 2016.8.5 【新閣僚に聞く】稲田朋美防衛相 「(百人斬りは)なかったと思っている」「政治家であれば誰しも首相を目指している」 (……)昭和12年の南京攻略戦について報道された旧日本軍の「百人斬り」については「なかったと思っている」と指…

もう9年経つんですけど……

自分が担ぎだした田母神俊雄と選挙資金をめぐって泥試合を続けているチャンネル桜の水島社長。しかしカネのはなしとなると気になりますよね。映画『南京の真実』はどうなったのか? と。久しぶりにホームページをチェックしてみたら、「ご支援の状況」こそ「…

2・26事件から80年

80年前の今日は2・26事件が勃発した日ですが、このクーデター未遂事件(ないしクーデターを利用したカウンタークーデター事件)は翌年の南京大虐殺にも影を落としています。 上海派遣軍〜中支那方面軍の司令官松井石根は予備役から復帰して就任しましたが、…

ユネスコに申請された「南京大虐殺」記録に関する解説

現在発売中の『世界』(岩波書店)2016年1月号で、笠原十九司さんによる「国際社会に歴史修正主義は通用しない ユネスコ世界記憶遺産登録の実相」が掲載されています。中国が登録申請(厳密には「申請」ではなく「推薦」とすべきとのこと)した資料のリスト…

戦後70年目の12月13日はあらたな“国恥”記念日

私自身は南京事件を問題にする際に、特に12月13日という日付にこだわるつもりはありません。「12月13日」というのが南京城内にいた人々の認識を反映したものであって、虐殺全体の広がりを認識するうえでは妨げにもなりかねないからです。ただ、メディア的に…

ネット配信、シンポジウムのお知らせ

コメント欄で L さんが告知してくださっていますが、明日12月9日の午後8時より「レイバーネットTV」が小野賢二さんを招いて「福島歩兵65連隊と南京大虐殺」という特集を配信します。 http://www.labornetjp.org/tv また12月12日には、やはり小野賢二さんを招…

「『南京事件』とは何か 3論客の見方相互検証」

さる11月12日にBSフジの番組「プライムニュース」で南京事件が特集されていました。 (テキストアーカイブ)『南京事件』とは何か 3論客の見方相互検証 番組サイドの酷さは次の3点によく現れてます。まず冒頭でキャスターが「非常に有力な3つの学説をみなさ…

『南京の実相』関連エントリ

ふぇみにすとの論考 日本の右派の英語発信の歴史についてのメモ 上記エントリで紹介されている書籍のうち、『南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった』に関しては当ブログもリアルタイムで追いかけておりました。関連エントリは以下のとお…

佐藤正久を情報源にしちゃう“メディア・リテラシー自慢”

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20151016/1444988517 産経新聞の勇ましい()「歴史戦」記事でも、申請の審査を担当するのがユネスコの国際諮問委員会(IAC)であることは明らかにされているわけです。ところがこのブログ主はなにを勘違いしたのか、「アジ…

だから(以下略)

日本側がシベリア抑留に関する文書を登録させていたことを先日のエントリでも指摘しておきましたが、ほとんど完璧なタイミングでロシアが口を出してきましたね。「歴史戦」の文字も勇ましい産経新聞の記事より。 http://www.sankei.com/world/news/151015/wo…

だから言わんこっちゃない

よりにもよってシベリア抑留という被害体験に関わる資料を登録申請し認められたまさにその時に、南京大虐殺関連の資料の記憶遺産登録で政府が公式にクレームつける(与党のウヨ議員が噴きあがるならともかく)という厚かましさには、さすがに呆れ果てますね…

NNN ドキュメントほか

本日深夜(5日未明)1時10分から日テレ系列で放送される NNN ドキュメント '15 で小野賢二さんの調査活動が紹介されます。「ネットでの告知は当日になってからにしてくれ」と言われていたのですが、おそらくそれと同じ趣旨でしょう、現時点で番組公式サイト…

こんなのが幹部に昇進できる組織を信用しろといわれても無理な話

JBPress 2015.9.14 「米国が裏で糸を引いていた南京大虐殺という捏造」 内容的にはこれっぽっちも新味のない否定論の断片をアドホックにかき集めただけのクソ駄文ですが、問題はその書き手です。第7師団長を経て最終的に西部方面総監にまでなっています。田…

生きて虜囚の辱めを……

すでに指摘されておられる方もおられましたが、当ブログのレゾン・デートルを考えればやはりひとこと言っておかねば。 時事ドットコム 2015/07/01 「後方支援時の拘束「捕虜に当たらず」=岸田外相」 岸田文雄外相は1日の衆院平和安全法制特別委員会で、海…