戦後責任

「夏の戦争番組」追記

先日肯定的にとりあげた8月20日放送のBS1スペシャル「戦禍のなかの僧侶たち〜浄土真宗本願寺派と戦争〜」ですが、ひとつ書き忘れていたことがありました。ナレーションが近年ネトウヨ的言動の目立つ世良公則だった件です。そうした言動を知らずに起用したの…

今年の9・18、夏の戦争番組

9月22日朝の時点において、Google ニュースで「柳条湖事件」を検索した結果の上位はこんな具合でした。 「柳条湖事件」検索結果 例によって中国での記念行事を伝える記事がならんでいます。今年は共同通信が配信した「満州事変、加害の歴史忘れない」という…

遺骨と印鑑

沖縄激戦地で発掘された「存在しない名字のハンコ」 調査の結果明らかになった驚きの真実とは(抜粋) | デイリー新潮 沖縄激戦地で発掘された「存在しない名字のハンコ」 ついに遺族との接触に成功(抜粋) | デイリー新潮 沖縄戦の激戦地跡で遺骨とともに…

2022年の7月7日

一週間ほど遅くなってしまいましたが、今年も7月7日についての報道をチェックしてみました。 www.jiji.com digital.asahi.com 例年のごとく「式典」報道が並んでいますが、毎日新聞に至ってはそれさえ載っていないようです。この一ヶ月間に「盧溝橋事件」で…

歴史修正主義のために失われた機会

nordot.app (アーカイブ) 上記記事に在中ウクライナ人のこのような体験が紹介されています。 (……)ただ彼女の周りの中国人はウクライナへの同情を示してくれたという。「プーチンの手法が、かつての日本の中国侵略を思い起こさせた」ためだ。実際、ロシア…

「歴史戦」の毒が回りきった日本社会

SNS等でさんざん話題になっているのですでに皆さんご存知のことでしょうが。 www.fnn.jp (アーカイブ) 本人もツイッターで“自白”していました。 【日本外務省がチェック含めしっかりしないと。昨日、外交部会長として外務省と頻繁にやりとりしたが、外務省…

「真珠湾」への言及にすら耐えられない日本政府

3月24日に行われたゼレンスキー・ウクライナ大統領のリモート演説。実施が議論され始めた当初右派は大はしゃぎだった。代表的なのがこれだろう。 ゼレンスキー演説が実現すれば、それは「憲法第九条護憲平和主義」への「余命通知書」になろう。ゼレンスキー…

「歩兵第11連隊の太平洋戦争」

昨年末の13日に「戦争関連番組雑感」という日記を書きましたが、その後になって見るべき番組が放送されました。残念ながら地上波ではありませんでしたが。 www.nhk.jp マレー半島での華僑虐殺と橘丸事件、及びそれらを裁いた戦犯裁判がとりあげられていまし…

「戦争体験継承」をテーマにした番組

「12月8日」以降もポツポツと放映されている戦争関連番組をチェックしていたら、「戦争体験の継承」をテーマにした番組に2つ出会いました。 www.ntv.co.jp www.nhk.jp 後者は今月始めに四国エリアで放送されたものが少し遅れて関西エリアでも放送されたもの…

戦争関連番組雑感

今年は“太平洋戦争80年”ということで例年よりも冬の戦争関連番組が多かったように感じます。今年が同時に満洲事変90年の年でもあることはほとんど無視されていること、12月8日にはスポットがあたっても12月13日はスルーされていること、そして日本軍による加…

「遺された声〜横井庄一の“戦争”〜」

先日、11月14日に NHK 総合の「目撃!にっぽん」枠で放送された「遺された声〜横井庄一の“戦争”〜」を録画して視聴しました。 www.nhk.jp まだ存命の妻へのインタビューや帰国の翌年に録音された横井さんの証言を軸とした構成。 タイトル 証言から、軍の上層…

「8月ジャーナリズム」の残り物

8月に(だけ)アジア・太平洋戦争をとりあげた番組や記事が増える現象を「8月ジャーナリズム」といいますが、今年は8月が過ぎてから発表された興味深いコンテンツも有りました。 一つは「withnews」で連載された「101歳からの手紙~満州事変と満州国~」です…

「国民の歴史」を疑えない「複眼」

digital.asahi.com (アーカイブ) 「7月7日」や「12月13日」とともに日本のメディアでは軽視されている「9月18日」ですが、今年は90周年ということもあってか『朝日新聞』が社説で取り上げています。そのこと自体は評価したいと思いますが、内容はといえば……

「黒い雨」訴訟、高裁でも原告勝訴

digital.asahi.com (アーカイブ) この問題について最初に書いた記事がこちらになります。もう12年前ですね。それ意向、4回ほどとりあげています。 「黒い雨」の範囲に関して新説 - Apeman’s diary 「黒い雨」に関する調査資料の存在、明らかに - Apeman’s …

日本統治下台湾の捕虜収容所

BBC NEWS のサイトに日本統治下の台湾で連合軍の捕虜を収容していた収容書に関する記事が掲載されています。 www.bbc.com www.bbc.com 在台湾のカナダ人歴史家マイケル・ハースト氏が20年かけてすべての収容所の位置を特定。公文書、戦犯裁判の記録、元捕虜…

東京大空襲関連記事

2日ほど遅れてしまいましたが、東京大空襲に関連した新聞記事で目に止まったものを備忘も兼ねてご紹介いたします。 -朝日新聞DIGITAL 2021年2月23日 「(私の視点)空襲被害者への援護 国会は「受忍論」と決別を 中山武敏」(archive) 東京大空襲訴訟原告の…

2020年の「9月18日」

今年も「柳条湖事件」と「満州事変」でニュース検索してみました。結果は案の定です。いちいち記事にリンクを貼る気もしないのでスクリーンショットで済ませます(「柳条湖事件」で検索した結果の一部)。 「柳条湖事件」のニュース検索結果の一部 2日前の9…

ETV特集「隠された毒ガス兵器」

-NHK Eテレ 2020年9月12日 ETV特集「隠された毒ガス兵器」 9月16日(水)深夜24時(=9月17日(木)午前0時)から再放送予定。 アジア太平洋戦争当時には毒ガスの研究、製造そのものは違法ではなかったため、「使用」にどこまで踏み込めるかが問題だと思って…

2020夏の戦争番組

日本社会が急に戦争を思い出す8月も今日で終わりです。この夏に放送されたアジア・太平洋戦争に関連した番組中、地上波で18本(1本は7月30日放送、またレギュラー報道番組中の特集も含む)を録画し、BSでは5本(過去の番組の再放送を除く)を録画しました。 …

読売新聞「昭和史の天皇」音声アーカイブス

読売新聞が1967年から1975年にかけて連載した「昭和史の天皇」、その取材テープが公開されています。 「昭和史の天皇」音声アーカイブス 今後どれくらいコンテンツが追加されるのか不明ですが、戦中の日本で比較的高い地位にいた人物がまだ存命だった時期の…

2020年夏、加害への眼差し(追記あり)

アジア・太平洋戦争に関する記事や番組が増える季節になりましたが、毎年のことながらその大半は“日本人の悲惨な体験”を扱ったものです。そのなかで日本軍による被害体験を扱ったものとして目についたものは泰緬鉄道に関するものでした。 一つは東京新聞によ…

同進会が補償を訴え会見

この方の口から「次の国会で」という願いが発せられるのは何度目でしょうか。 -朝日新聞DIGITAL 2020年6月16日 韓国人元戦犯ら、補償解決を訴え 「次の国会で」 韓国人元BC級戦犯らでつくる「同進会」の李鶴来(イハンネ)会長(95)は「日本政府は日本…

報道特集(6/14)「朝鮮女子挺身隊〜苦難の人生」

TBS系列で放送されている「報道特集」、6月14日の放送の後半で「朝鮮女子挺身隊〜苦難の人生」という特集を放送していました。動員された先の企業である不二越の地元、富山チューリップテレビの記者が元挺身隊員や支援にとりくむ市民に取材したものです。最…

真の「受忍論」へ

「ボーナスタイム」だった2月と3月、安倍政権や東京都がオリンピック、パラリンピック開催に執着したために無為に過ごしたせいで、ここへきて感染の拡大がすすんでいます。早くから「検査を拡大すると医療崩壊する」という主張が政権の対応を正当化してきた…

アウシュヴィッツ解放75周年、またひとつ埋まった“外堀”

2月27日はアウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所がソ連軍によって解放されてから75年目の日に当たり、記念式典が行われています。 -BBC NEWS JAPAN 2020年01月28日 「アウシュヴィッツ解放75年、各国首脳が式典出席 反ユダヤ主義への対抗呼びかけ」 これに先立…

弁護士・稲田朋美の珍主張

改めてこの社会がどれほど歴史修正主義に支配されているかを可視化することとなった、あいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」。政界の歴史修正主義汚染を象徴する人物の一人、稲田朋美衆院議員は次のようにツイートしています。 (愛知トリエンナ…

言論弾圧を甘受する決意を示した共同通信

-47NEWS 2019/9/21 対韓国「歴史戦」の布陣に 日韓基本条約揺らぐ事態も 先に組閣された改造安倍内閣について「歴史戦」シフトとして“解説”した共同発の記事ですが、ちょっと信じがたいような一節があります(下線は引用者)。 元徴用工訴訟問題では国際法違…

問題は「誤訳」ではない

-AFPBB NEWS 2019年3月26日 「旧日本軍兵士を「英雄」とたたえ怒り招く、マレーシアで慰霊碑の撤去要求」 クダ州の観光委員会議長は「誤訳」を謝罪。看板は撤去したものの、慰霊碑自体の解体要求には応じず、「石碑は1941年以来ずっとそこにあるものだ。さら…

三・一独立運動から100年

間もなくやってくる3月1日は三・一独立運動(の始まり)から100年の日に当たります。ただでさえ「徴用工」判決で植民地支配の歴史が問われているときです。ほんとうであればメディアが積極的にとりあげなければならないはずですが、いまのメディア状況では絶…

韓国で被爆者手帳交付

-共同通信 2019年1月27日 「長崎市、韓国で被爆者手帳を交付」 http://archive.fo/GKlR4 去る8日の長崎地裁の判決に基づき、韓国人被爆者に対して長崎市が韓国で被爆者健康手帳を交付した、というニュースです。最初から交付すべきだったとは思うものの、控…